ここがにおいの発信源

人間の大衆はからだのあちこちから出ています。そんなにおいの発信地を意識して、いつも清潔に保てば体臭ケアにつながります。

 

頭皮

 

皮脂が多い頭皮は、加齢臭を始めとしたにおいが発生しやすい場所。

 

髪の毛

 

外部のにおいを吸着しやすい髪の毛は、においの温床になりやすい。

 

耳の後ろ・首

 

意外と知られていないが、皮脂の分泌が活発で加齢臭の隠れスポット。

 

背中

 

汗や皮脂を分泌しやすく、体臭や加齢臭が強くなりやすい。

 

わきの下

 

汗、わきが、加齢臭など、いろいろなにおいが複合的に発生する。

 

皮膚(汗)

 

かいた汗を拭きとらずにしておくと、雑菌が繁殖して体臭になる。

 

デリケートゾーン

 

汗をかいたときや月経時には、下着などで蒸れてにおいが出やすい。

 

 

分泌した汗や皮脂が靴の中で蒸れて、雑菌が繁殖してニオイに変わる。

 

ボディはTゾーンを洗う

 

からだのTゾーンともいわている胸元と背中は皮脂の分泌が多く、汗をかきやすい場所です。

 

からだを洗うときはここを中心に洗います。ただし、ナイロンタオルのように刺激の強いもので強くこすると肌を傷つけてしまうので気をつけましょう。

 

石鹸やボディソープを泡立てネットで泡立て、素手や綿のタオルで泡を転がすように優しく洗うのがおすすめです。

 

埃や汗はお湯で流すだけでも十分きれいになるので、ボディシャンプーは2日に1度くらいの使用でも十分と心得てください。