ホルモンとワキガとの関係

幼児にはワキガはありませんが、思春期にホルモンのバランスが悪くなり、女性の場合はエストロゲンが多くなってしまい、ワキガの原因となるアポクリン汗腺が活発になってしまうことで、ワキガの臭いが一時的に強くなってしまうことがあります。

 

思春期だけではなく、生理前や生理中にも臭いが強くなる女性も少なくありません。また、ストレスや睡眠不足などによっても、ホルモンバランスは乱れてしまいますから、気をつけましょう。

 

ワキガ対策としては、生活習慣を見直したり、ケア用品を試してみることをおすすめします。

 

ワキガ対策には適切なケアが必要

女性ホルモンのバランスが崩れると、ワキガが発生しやすくなりますが、適切なケアを行うことで臭いを抑えることは可能です。

 

対策としては、汗をかいたらこまめにふいたり、シャワーを浴びる、食生活を見直したり、運動を行って体質を改善するなどがありますが、それど同時にケアグッズを使用することも有効な方法です。

 

クリアネオは、クリームタイプのデオドラントで、3つの殺菌・制汗成分がワキガの原因となるアポリクン汗腺からの汗を抑えて、雑菌を撃退することで、臭いをシャットアウトすることができます。

 

また、柿渋エキスが活性酸素を撃退して、汗と老廃物が混じるのを防ぐことができることから、ワキガ対策として効果的です。